2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●詩を作っているんだが・・・●

1 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/19(水) 22:39:57
なかなか理解してくれない。
というより真意を読み取ってくれない。
大概の人は表面的に見て俗に言う厨二病?とか判断するが
そんなつもりで書いていない
そもそも自分に酔っていないし、筋道だって立てている
まあ詩作始めたのが最近だってのもあって駄文でありのも否めない

そこで、詩に理解がある人間。
俺の詩・哲学を評価してくれないか?挙げ足はいらないから頼んだ
ちなみに5月17日以下の作品は全てお遊びで書いたものだから無視して
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace.php?fr=common-navi

2 :2:2010/05/19(水) 23:02:21
>>2

3 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/19(水) 23:32:08
URLを踏みたくないので貼ってくれや

4 :鈴木:2010/05/19(水) 23:48:35
そんな悲しい事言わないで(´;ω;`)

5 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:00:13
「出前」

昭和のおかもちを開けると
しょうゆラーメンが出てくる
出前という響きが
実際の香りになる
スープを吸い
伸びすぎた麺がうまい

そんな不思議なおかもちがほしい
そんな不思議なおかもちがほしい


6 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:01:21
ブラクラじゃないから安心しろ

貼りたいが長文だからエラーになる

7 :鈴木:2010/05/20(木) 00:06:09
そもそも詩の存在が近代前の化石文化だから寒すぎる

8 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:09:01
で?

9 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:09:32
「酢豚」

責任者
責任者出て来い
誰だこのフルーツ酢豚作ったやつは
おまえはオリジナリティーを勘違いしている
こんなのオンリーワンじゃない
しかも
豚入ってないじゃないか

10 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:15:12
おもしろいw

11 :鈴木:2010/05/20(木) 00:19:16
俺も作ったよ〜


「日吉若」

下剋上だぜ!潰せ!
伸し上がるぜ!頂上まで!
追いかけるのが快感だぜ!
追いついて ぶっ潰してやる!


12 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:22:56
爽快だね 意味はどうであれ
読んでいて気持ちがいい

13 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:24:18
ー魔刀妖刀 みいけてんたー  策士もとい作詞 徳川家康

典太 典太 三池典太
典太 典太 三池典太

名刀 名工 三池典太
名刀 名工 三池典太

斬る 斬る over kill
kill kill overkill

典太 典太 三池典太
典太 典太 三池典太


14 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:31:36
>>1
アドレス踏んでも入れなかった。
yahoo登録してないからなのかな。

15 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 00:56:47
>>14 そうなんだ! 初めて知った・・
分けながら載せるよ。待ってて

16 :part1:2010/05/20(木) 01:02:37
私は神の世界。自然より来り者。  (居城=メディア 馬車=メディアから放たれるもの)

好奇心に煽られ、あの丘の楽園を目指さん。

門の前に広がるは 光満ちたる花園 立ち並ぶ豪華絢爛な建造物

舞う少女 没頭する少年 そして駆け巡る青年

若者は月満ちたる者の周りにつどい その頭をたれる

壮年者の彩られた言の葉に 人間たちは酔いしれ 聞きかじる (続く)

17 :part2:2010/05/20(木) 01:03:50
さあ楽園の中心に居座るは 光り輝く建造物

壁一面が黄金に輝き その存在感 放たれるものに畏怖を感じぬ者はおるまい

その館から放たれるは一台の馬車 その勇ましい肉体を有する馬を操るは

煌びやかな服装を着込むは 1人の男 それは猛獣使いのように

反発する肉体を飛ばせ 突き進ませ 人々を撫でまわす

その舞いに人々は恍惚の美酒に酔う

ああ私もいれてくれ 私もあなたとともに 舞い 没頭し 美酒を頂きたい!

そう思い私は進んだ 花園を超え 人々に混ざった

だが彼らは私を見たとたん 立ち去り 奇異の目を注いだ

老若男女問わず 彼らは私に奇異の眼差しを注いだのだ

私は初めて苦き涙を流した こんな涙があったのか

私は初めて痛みを知った 心への痛みを 清水への糞尿を

私は初めて湧きあがる熱を知った それは自らを焼き 存在を消し去ろうとする!

18 :part3:2010/05/20(木) 01:05:55
私は中心へと走った 我が救いとなれ 我が盾となれ 神々しき居城よ!

私は放たれる馬車に目をとめた 近くにより 見続け そして悟った

乗り手が放つは 装束の光のみ その未熟な馬術を隠さんと。

馬は醜く太り 崖を転げまわるだけであった

落胆し 目を落とせば 腐った土に植えつけられた我が友 光放つ花々

少女の舞いは淫乱な社交 少年の没頭は自己破壊への没頭

壮年の言の葉は 年月という畏怖で染め上げたもの

年満ちたる者も 月満ちたる概念をまとった ただの見せかけ

駆け込んだ城も 雑然とし 不要な物 有害なものが押し込められ

人満ちる社交場も 蛾の舞いで溢れている

そう すべてが すべてが 体面であったのだ!

19 :last:2010/05/20(木) 01:06:39
私は飛び出し 門を目指した 自分を失うまいと

自分を忘れまいと ただ走ったのだ

私は地獄を抜けてきた

気付けば私は 茨で流血し

耳はただれ 目は潰された

私が愚かだったのだ 私は罪深くして 与えられるべくして受けたまでだ

神は私に楽園へといざない 地獄へと突き落としたのだ

それは最も痛ましく 消失の極みであった



私は大河のほとりに佇んでいた いや そう感じただけかもしれない

私は全てを奪われた 私は冥界に下ったのだ

20 : ◆MICHY/qrJk @株主 ★:2010/05/20(木) 22:59:56
これか

21 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 23:20:22
(・◎・)
ポンポンポポポン
ポンポンポポポン
ポンスケポンスケ
ポンポンポン
あのねえおひるごはんわ みそらーめんとまつたけのたきこみごはんたべたよ
おいしかったからおかわりしておなかポンポン
ポンジュースのんでえいみんする
ポンスケOK

22 :鈴木:2010/05/20(木) 23:27:02
蛙がけろけろ 雨にも負けず
寒いと冬眠 ミシャクジさまdestiny
蛙がぴょこぴょこ 風にも負けず
尻尾はにょろにょろ
オタマジャクシdestiny

帽子の中には 蛙がぴょこぴょこ
取るとあふれ出す無限蛙 横綱にゃ負けないぞ
にょろにょろ蛇には 尻尾があるけど
無いから藍に借りてきたよ
装備したよ〜ん

23 :名無し戦隊ナノレンジャー!:2010/05/20(木) 23:40:57
*1ばん
ぼーくはかーわいいー あおーむしー♪
おいしーいはっぱーは どーこにあるー

ぼーくはかーわいいー あおーむしー♪
じゃーまするやーつには つーのだすぞー

Oh- Oh- あおーむしー
うまれてみっかでつのだすよ

Oh- Oh- あおーむしー
とりさんのうんこにばけてるよ

*2ばん
ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
はをいっぱーいたべてー ちょーになるー

ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
おーきいめーだまーが こーわいでしょー

Oh- Oh- あおーむしー
あおくもないけどあおーむしー

Oh- Oh- あおーむしー
けむしといっしょにしないでねー

      _
    /ヾ;. `ヽ
   ゝ  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
   (_・ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
      〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪  モソモソ


8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)